So-net無料ブログ作成

劉備を征伐する

官渡の台上で北の天を眺めていた曹操は、 
明年かならず袁紹は攻めてくる 
と、全身で感じた。すでに気が北から押し寄せてきている。その気に押し潰されたら、実際の戦いでは敗退が必至である。ひとつの僥倖が曹操を支えてくれた。南陽郡の張繍が中立を守るだけでもありがたいのに、わざわざ許まできて軍の一翼をになってくれるのである。 
天佑とはこれであろう。 
もはや西を気にしなくてよい。そう天がおしえてくれている。が、天の誨示はそれで終わりではあるまい。天佑に甘えないことが肝腎であり、東の患害はおのれで取り除かなければならない。東の患害とは劉備である。劉備を放釈しておけば、袁紹との対決のさなかにかならず害をなす。劉備の行動には常識にかからないところがある。 
「劉備を征伐する」 
年が明けるや曹操はそう宣べた。 諸将は仰天した。王朝の吏人まで袁紹軍を迎撃する心の準備をはじめているというのに、帝都をあけてよいものであろうか。 
「公と天下を争っているのは袁紹です。まもなく袁紹が軍とともにくるというときに、かまわず東征なされば、袁紹に乗じられてしまいます」 
諸将は異口同音であった。曹操は強い語気で言った。 
「劉備は人傑である。いま撃たなければ必ずのちの患いとなる。袁紹は何事もしかけるのが遅いので、ここでも決して動くまい」 
この予断が誤っていれば曹操は破滅する。が、天下を掌握するという大事業を遂行するためには、一度や二度は宙を飛び地に潜るような奇術をおこなわなければならない。
あらかじめ曹操の内意を知らされて賛同した郭嘉は、
「袁紹は事を起動させるのが遅く、ためらいが多い。襲来するにせよ迅速ではないはずです。劉備はあらたに起ったばかりで、まだ民衆の心をひきつけてはおりません。急襲すれば必ず破ることができます。これは存亡の機であり、失ってはなりません」
「善し」 
曹操は敢然と軍旅を催した。 
天意に従うとはこういうことだ。

 三国志5 宮城谷昌光p.285.