So-net無料ブログ作成

財産の敵

売国奴あべ自民のターンはいつまで続くのか! 
蠅男「ステージが変わったキリッ」←ばか。 
平均的列島人「社会の流れに従え」←流れてろウンコ! 


「もちろん彼ら(大資本)は財産の敵である。分限(limitation)の敵である。彼らが欲しいのは自分の土地ではなく他人の土地なのだ。彼らはとなりとの境界をとりはらうたびに、自分の分限をとりはらう。三角の小さな土地を愛する男は、それが三角だから愛する。余計な土地を与えて三角をくずす奴は三角を盗む泥棒だ。自分のものにまことの詩を感じるものは、庭の境に塀があるのを悦ぶ。境がわからなければ自分の土地のかたちがわからない。だれかが畑をぜんぶまとめて一つの不動産にすれば、それは財産の否定である。他人の奥さんをみんな自分の後宮に入れるのが結婚の否定であるのと同じ理屈だ。」 
チェスタトン 

グローバル大資本の手下ちえおくれあべ。 
グローバリストは他人のものを欲しがる。 
グローバリストは日本を盗むドロボウだ。 
グローバリストは偽装転向コミンテルン。 
グローバリストは結局何もえる事がない。 
(まことの詩を感じる知性がない豚野郎だ) 

参考文献  
求む、有能でないひと チェスタトンp.42.